別に死んでもいいんじゃない?

そもそも、何で生きてるの?

高速ヴィパッサナー瞑想のススメ

テーラワーダ協会に参加してヴィパッサナー瞑想を学んだ人も多いと思います。私も一度参加しましたが、とてもスローな動きで歩く瞑想をすると思うんですけど、それっていつまでもスローなままじゃ駄目じゃないかな?と思います。

 

 習い事とかそうですけど、最初は先生の真似をゆっくり確認しながら練習していって、段々とスピードを上げて行きますよね。瞑想も同じだと思います。

 

ヴィパッサナー瞑想していくと、だんだんと集中力がついてきます。そして集中力が上がるごとに動作を速くしていき、日常生活に落とし込む。そうしないといつまでたっても「今」は見られないんじゃないでしょうか。

見るのはどうしても過去の事になります。今!って言っている瞬間に通り過ぎてしまいます。 

それが究極に集中力が高まって現在と重なった時、壁を突破することが出来るのではないかと推測します。

イメージはマッハで飛ぶ戦闘機が音の壁を破る感じでしょうか。音の壁は自我、戦闘機の速度が集中力。思考の変化は音速とは比べ物にならないくらい速いですけど。

 

ちなみに、私はせっかちな性格なので、ゆっくりやるということがそもそも出来ませんでした。最初から日常動作を対象に瞑想していました。教えられたとおりにやらないと言うのは本当は駄目な事かも知れませんけどね。

でもやっぱり、日常動作に瞑想を入れようとすると集中力がないと出来ないんですよね。だから逆に必死に集中しようとして、集中力がついていったのかもしれません。

 

いずれにしても、結構忍耐が必要なんです。お釈迦様が不放逸でと言ったのも、人間はすぐ自分には出来ないんだとか妄想してしまうから、そういう事にとらわれずに、逆にそういう妄想も瞑想の対象として、とにかくやりなさいってことなんだと思います。

 

 

 

死んでもいいけど・・・

そういえばブログの名前に言及していませんでしたね。

 

私にとって何が一番辛いかというと、「死んでも終わらない」ってことなんです。

死んだらまた生まれなきゃいけないし、しかも今度はどういう生まれになるか分からない。今よりもっと悪い状況かもしれないし、仏教とは全く縁のない世界かもしれない。そうすると悟る可能性もなくなってしまう。

そういうことが怖くて今も生きています。まさに死んでないから生きている状態。夢も希望もありません。

でもいいんじゃないですか?70億の人間が夢や希望に向かって走っていたら気持ち悪いじゃないですか。だいたい夢ってなんですか?それを達成したら今度こそ夢もなく生きていいんですか?でもそうじゃないんでしょう?

 

夢や希望って言っている大半は強迫観念なんですよね。人は本当に退屈すると死んでしまいたくなるので、死なないように何か行動しなきゃいけないという衝動があるんです。ためしに1週間ぐらい何もせずに過ごしてみると分かると思います。死にたくなります。存在に対する根本的な疑問が沸き起こってくると思います。でもそれじゃ自我は困ってしまうんですね。だから衝動っていうのは自我が自分を守る安全装置みたいなものです。

あとは、欲望を滾らせてくれないと困る人たちがいるんですね、この資本主義社会には。大変迷惑です。

別に夢がなくたって人の役に立つ事はできると思いますけどね。

 

 

まぁ、そんなわけで、死んでもいいけどその結果は受け入れる覚悟が必要だということと、せめて死ぬときは穏やかに清らかな心で死ぬようにしてください。うらみつらみで死んで地獄行きとか嫌ですからね。

いきなり穏やかにといっても難しいので、カンダタじゃありませんけど、最後に何か善行をしてそれを思い出しながら死ぬのがよろしいかと思います。是非お試しください。

 

 

 

そういえば私が子供のころは人口は60億っていっていました。親が子供のころは50億だったそうなので、驚くべき人口爆発ですな。

 

 

自己啓発とか自己肯定感とか

私も、もがいていた時期は、本読んだりして何とか自尊心をもとうとか自己肯定感を持てるように、あれこれ頑張ってみましたけど、まあ全て無駄に終わりましたよ。

 

今では、なんと言うか、そもそも肯定するような「自己」なんてないってことが分かったので、特に何もしていません。とは言っても世間で生きていける程度のことはしなきゃなりませんけど。

 

 世間からみれば向上心の欠片もない駄目人間ですけど、事実なので特にいうこともありませんな。

 

 

 

食事という観念

野口晴哉先生曰く、

 食「え」ねば死ぬ

 食「わ」ねば健康になる

 

断食中にいろいろと調べてみたんですけど、大体どの人にも言えることは、頭でご飯を食べてる、ってことですね。

 1日3食だ、いや2食だ、ってそんなの人によるでしょう?お腹が空けば食べればいいし、空かなきゃ無理して食べる必要も無い、というだけのことです。

おまけに肉を食べろ、野菜を食べろとまあやかましい事この上ない。まあそうしないと商売になりませんが^^;

 

私は自炊するようになってから自然と野菜ばかり食べるようになりました。別にベジタリアンだからじゃなくて単純に肉を買うと一気に食費がかさむからっていう理由です。まあ、時々は食べますけどね。

それでどうなったかというと、別にどうにもなってません。体重が増えるでもなく減るでもなく、肌が荒れるでもなく、力が出ないわけでもなく。

 

例えば、一日30品目食べないから調子が悪いのではなくて、そういう観念があるからそれに合わせて体調が悪くなるという。

ようは、思い込み。プラシーボ効果の逆バージョンですね。

 

なんていうか、人間の体ってそんなに簡単に死ぬように出来ていないんですよね。全てが生かす方向に働くようなシステムになっています。それが良いか悪いかは別としてね。究極を言えばそれが苦しみの原因でもありますが・・・

そこに観念を入れてしまうからおかしなことになってしまうんです。

 

「え」と「わ」の違い。思考の産物といえそうです。

 

 

 

断食してみた

してみた、と言うよりはそうなってしまっただけですけど。

 

私はいつも何か食べていたいという食いしん坊なんですけど、時々なにも食べたくなくなります。

そういう時は無理に食べないでいると、1日ぐらいでまた食べたくなってきますが、今回は2,3日経ってもお腹が空かないのでそのまま断食してみることにしました。

 

断食と言っても野菜ジュースや具なしの味噌汁、あとコンソメスープぐらいは時々飲んでいますけど、なんか全然お腹が空かないんですよね。空腹(お腹が物理的に空っぽ)ではあるんだけど、空腹感はないと言った所でしょうか。

 

流石に3日目になると多少のふらつきはありましたが、普段と変わりなく仕事もしています。

なんかまだまだいけそうな気がしましたが、流石に我流でやるのも何かあったら嫌なので最終的に5日間の断食となりました。食べたいという意欲がないと止め時がわからなくなります。

 

体調の変化としては、体が軽くなりましたね。よく筋肉が減るだけだという人も居ますが、体組成計ではかったところ、特に筋肉量は減少していませんでした。骨量も同じ数値でした。体重は減っていましたが。

 

 

巷で見るようなご飯の事ばかり考える、なんて事は全然なくて、特に我慢したわけじゃないのでストレスもありませんでした。

なんとなく食欲が無いようなタイミングで断食を始めるといいかもしれませんね。

 

 

 

非二元論の不思議

みんな大好き非二元論ですが、これいつも不思議なんですよね。

 

何が不思議かというと、非二元論=一元論(ワンネス)ってなるところです。いや一元じゃないだろ・・・って思いませんか?私だけかな?

 

全ては一つなんです~~うふふ^^

・・・本当に一つなら一つとも言えなくなりませんか?

 

例えば、この世に赤色しかなかったとしたらそれをどうして赤色だと認識する事が出来るのでしょうか。

赤色とは別の青色があるから区別できるのであって、赤色しかなかったらそれが赤色だとは分からないし、「色」という概念自体が消えてなくなります。

 

つまり、「非二元論=非一元論」が成り立つのではないかと思います。もっと言うと「一元論=非一元論」でしょうか、意味不明ですけど・・・う~ん・・・?

 

あるでもなく、

ないでもなく、

あるでもないでもない、ということでもなく、

あるでもないでもないということがない、ということでもなく・・・

 

ふふ、頭がおかしくなりそうですな^^;

 

 

西欧文化が強烈に二元的であることを鑑みて、 あえて非二元論を強調しているのかもしれません。方便というものでしょうか。それだと、いくら日本人が西欧化しているとはいえ、そこまで強烈に二元的でもないので、あんまりピンとこないのかもしれません。

スピティーチャーの皆様にはそのあたりの事情を考慮して日本人向けにアレンジしてくださると助かります。どうぞよろしく。

 

 

 

テレビドラマにはプロパガンダが満載

私は海外ドラマをよく見るのですが、数年前からとあるプロパガンダが流されるようになっていました。

それは、ヒラリークリントン大統領、の誕生です。

 

主人公達の後ろで流れているニュース番組とかで、ちらっと映るんですよね。ヒラリー大統領が。

 

まあ結局トランプ大統領が誕生したわけですが、あの時のヒラリー陣営の投げやりな態度は、今までの仕込みが無駄になってしまったという悔しさからなんだろうなと思います。

あんなにお金かけたのにね(笑)

 

今もごたついているようですが、まあ権謀術数が渦巻いているのでしょうね。別にトランプ大統領を応援している訳ではありませんが、ヒラリー側、つまりグローバル勢のやり口を見ていると、あ〜〜ハイハイ^^; ってなります。

 

 

なんでしたっけ。

新聞はアカが作ってヤクザが売ってバカが読む?

 

テレビも新聞も見ないに越した事ありませんな。

 

 

 

生きるのが辛い?本当に?

生きるのが辛いというのは私にもわかります。

でも良く考えてみてください。その辛さは、前提条件が変わったとしても解決できないものでしょうか。

例えば、お金があればどうですか?楽しく生きられますか?友達がいれば?家族がいれば?理想の職場があれば?

 

もしそれでも解決できなければ仏陀に聞いてください。

 

 

酒のみ中学生

仕事帰り、道端で酒盛りしている女子中学生に遭遇しました。

自分も中学生ぐらいのとき、一通りお酒を試しましたが流石に隠れて飲むくらいの分別はあったものです。誰かがもし学校や警察に通報したら面倒な事になるということは、少し考えれば分かると思うんですがね。酒を飲んだから馬鹿になったのか、馬鹿だから酒を飲んだのか・・・。

 

おそらく、私と彼女たちではお酒をのむ目的が違うのでしょう。彼女たちは文字通り盛りたいのだと思います。わいわいがやがやするのに酒の力を借りないといけないと言うのは、なんとも情けない話ではありますが。

私の場合は両親が酒飲みだったので、酒とはそんなに良いものなのかという好奇心から酒を飲み比べました。結論から言ってしまうと、酒はろくでもない物です。意識ははっきりしない、なんとなく体の節々が痛い、ちゃんと眠れなくて寝起きもだるい、とまあいいことなしでした。

おまけに、身内の醜態や事故やらを散々見せられた事もあり、それ以降私は酒を飲むことをやめました。

 

 

仏教には不飲酒戒(ふおんじゅかい)がありますが、ただただ頭ごなしに酒は駄目だ!としてしまうと、かえって未練が残ってしまいがちだし、なんとか意志の力で押さえつけても余計なストレスになってしまいます。

なかなか酒が止められないという人は、酒を飲んだらどうなるのかしっかりと観察してみてはいかがでしょうか。そうして酒は必要ないと分かったら、二度と飲みたいとも思わなくなります。

 

それでも酒は必要だ、という人は浴びるほど飲んだらいいんですよ。中途半端はだめです。週末は休肝日とか生ぬるいことやるなんてのは情けない。

文字通り死ぬほど飲めばいいんですよ。

 

 

悟りに対する誤解

たぶん人生しんどくて辛い人が悟りに興味を持つと思うんです。まあそうですよね。全て手に入れたからあとは悟りだけだ!って人もいるかもしれませんが。

でも、別に悟ったからって人生なんでも思うようにスイスイ生きていけるわけじゃないみたいですよ。

 

悟りって、まあ当然ちゃ当然なんですけど、それ自体を言葉で表現するのは不可能だし、なんとかこねくり回して説明されたところで実際のところはやっぱり分からないんですけど、一ついえることは悟りってのは全てを捨てていくことなんですよね。

捨てて捨てて何もかも捨てて、最後は生も捨てさって解脱するわけですから、決して何かを得る道ではありません。捨てるというよりは死んでいくに近いかも

 

 

まあ、仏教は戒律を守ったりお布施をしたりして、結構現世利益もあるので、学んで悪い事は一つもないと思います。

ちなみに、戒律を守る→悪いカルマがでないようにする、お布施をする→物質的に豊かになる(ただし今生とは限らない^^;)、という効果があるので是非どうぞ。

 

 

 悟りたいって言っている間は悟れないんだろうな~ それを言っているのは誰かって話ですよね、きっと。