別に死んでもいいんじゃない?

そもそも、何で生きてるの?

(ひとりごと)北朝鮮と投資

ミサイルが撃たれても平気の日本人ですが、あまりにも慣れてしまっていて、本当に国土に撃ち込まれたときが心配です。あれだけ譲歩された国連決議に対しても、口だけじゃなくて実際に撃ってきていますからね。

 

まあそんなことは置いといて _(:3」∠)_

 

ミサイルのたびに株や為替が動いているのを見ると、儲けるにはインサイダーが一番だなと思います(笑

私は非常に強欲な守銭奴なので、リスクのある投資はしたくないんですがでもお金も欲しい!ので、暴落後のことをちょっと考えて見ました。

まあ暴落するかどうかはわかりませんがね。

 

!!完全な素人意見ですので悪しからず!! 

 

リーマンショックのあとから見ていると、とにかく米国株を買っていればそれでいい、という感じに思えました。所々押し目はあるものの、基本的にどこで買っても右肩上がりなので、損することがないなと。

 

あ、個別株ではなくてS&P500指標です。指標連動のETFなどを買えばいいのかな?海外と国内では信託報酬とか税金とかが違ってきてややこしいです。CFDや先物という手もありますが資金管理が適切にできないならやめておいたほうが良いでしょうね。

ちなみに同じ指標でもダウ平均は私なら止めておきます。勝手な印象ですが、ダウは単純平均値なので何か材料があると吹き上がったり逆に下がったりと何となく忙しい感じがして、私のような小心者には心臓に悪いんじゃないかなと思います。

 

 一方日本市場では、最初民主党政権の所為で日本は死にそうになってましたね。その後アベノミクスで億万長者になった人も多いでしょうが、やっぱり官製相場なのだなという印象です。最近でも日銀がETF買いしすぎていて、その後大丈夫なのかなと思います。

まあ、自分が為政者のときに暴落を起したくないのは、誰しも思うところでしょうが。

 

しかし、米国と日本で決定的に違うところが、米国では基本的に右も左もUSA!USA!って感じで、米国のためなら他は知らんと言う頼もしさ(?)なので、そのへんは安心ではあります。たいして日本は、日本を痛めつける目的を持った人達がいるのでちょっとな~という感じ。相場も思惑が入り乱れすぎて、私には分かりません。

そういう意味でも、日本ではなく米国に投資するのが良いように私は思いました。

 

もちろん勉強は必要なんでしょうけど、私みたいに頭の悪い人間がいくら勉強したところで、エリート投資家にはかないませんから、もう「安く買って高く売る」しかないんですよね。しかもそれが一番ローリスクハイリターンだと思います。

でも個別株は企業分析とか意味わからないし、それができるくらいなら、底辺社会人してませんよねって話で(泣

 

よくリスクをとらなければ金持ちになれない、なんて聞きますが、真っ赤な嘘だと思ってます。ハイリスクハイリターンはよほど天性の才能がなければ破産まっしぐらでしょう。

 

まとめると次のような感じでしょうか。

.暴落や調整がおこるまで待つ、とにかく待つ

.待っている間、種銭を必死にためておく

.下がったところで、S&P500に投資する。ただし、何度かに別けて投資することで高値つかみのリスクを避けるようにする。

.1~3を繰り返す

※決まった額を決まった間隔で積み立てれば、取得価格が平均化されるので暴落を待つ必要はないかもしれない。一番高いときに始めるといきなりマイナスになったりするけど、精神的に大丈夫な人なら今すぐ始めたほうが良いかも

 

 

で、気をつけないといけないことは、

.頻繁に売買しない

.多少マイナスになっても狼狽しないように。ETFや投信なら0円になることはないはず。CDFは知りません。

.色気をだして他の投資をはじめないように。基本的に何も考えず暇なので、ついデイトレとかやりたがるけど、やればやるほどドつぼにはまる

.自分がいかに欲どおしいか、自覚を持つ

 

といったところでしょうかね。まあ言うは安しだし、私もまだ実践していない内容なんですけどね。

 

 

この投資法に難点があるとすれば、今すぐ金持ちにはなれないってことです。私も今すぐにでも会社やめたい気持ちでいっぱいですが、他の投資法は私には難しいように思います。残念ですがね。

アベノミクス?そのころは生きるか死ぬかの瀬戸際で、それどころじゃなかったんですよね・・・・・・ (- -;

いっそのことミサイルで吹き飛んでしまえば、こんなこと考える必要もないんですがね。不謹慎ですみませんね。

ほんと、生きるのって大変です。