別に死んでもいいんじゃない?

そもそも、何で生きてるの?

ふと思い出したけど、私は中学のとき部活に入らなかった。公立中学というのは基本的に部活動は強制のはずだった。

吹奏楽があればやってみたかったが、残念ながらなかった。高校でもなかったので縁がなかったものとして諦めた。

 

入学して1週間ぐらいの放課後、部活見学会へ行けという指示が出たが、

「私は部活に入りたくないので帰ります」

と白紙の入部届けをつき返して帰ってしまった。先生がそのときどんな顔をしていたか覚えてないが、初っ端から私の印象は最悪だっただろうと思う。

大体は部活に入るものの、途中で退部するというのが一般的だったから。

というか、先生もよく許したな。

 

今となっては、中学の私はなんと自由人なんだろうと羨ましくなる。いったい、何時こんな人間になったんだろう?