別に死んでもいいんじゃない?

そもそも、何で生きてるの?

神様なんて糞食らえ!

自分の気にいる展開じゃない!クソだ!

 

っていう人が多すぎませんかね?自分中心に世界回りすぎ。多かれ少なかれ、世に発信するものなんて自慰と同じなんですからね。つまりこのブログも……(汗

 

カドの話で恐縮ですが、SF好きとか社会派?とか腐界隈を盛大に釣っておいた割に、最終回においてその全方位を裏切った訳ですよね。

何がしたいの?って言ってるけどまさにそれがしたかったんでしょ?

 

釣られやがって、バーカ!

 

ってね。大成功だね^ ^

 

個人的にはスピ界隈に喧嘩売ってくれたのが面白いなと思います。

スピ系って高次元の存在を無批判に正しいと思い込んでいますよね。チャネラーとか。人類は目覚めなければならない、高次元の存在もそう言ってる。なんて。

はっきり言って人間と同じくらい馬鹿ですよ彼らは。そしてザシュニナさんと同じ様に、神様気取りの高次元生命体にも上には上がいるということ。人間に接触してくる存在なんてしょうもない。彼らが正しいなんで証拠がどこにあるんですかね?

人間にもたまに動物とかに興味を持って研究する学者がいますよね。その学者に研究対象として飼育されている動物が、学者を崇めるくらい滑稽な話です。その学者は万能なんですか?そんな訳ないでしょ。学者の人格が他の人に比べて特別優れている訳でもないし。

高次元とコンタクトできるアテクシはなんて尊いんでございましょ〜。

私が神さまならそんな連中は散々おちょくった後に叩き潰すだろうなと思います。

 

まあ、野崎まどさんの小説は私の趣味じゃありませんし、本当はどういうつもりで書いた脚本かは分かりませんけど、釣りあげた意識高い系を最後には足蹴にするその作風は、ありだと思います。