別に死んでもいいんじゃない?

そもそも、何で生きてるの?

悟りが不退転の理由

最低でも預流果になると、いずれ阿羅漢に達する事が決定されているといいますが、それは何故なのか。なんで?と思っても、経典に書いてあるから、という理由しか見当たらないのでちょっとだけ考えてみました。 私が思うに、自転車と同じではないかと。 自転…

悟りと超能力

仏典にも神通力の話が出てきますけど、これは別に嘘でも誇張でもないんだと思います。まあ、私にはそんな力がないので確かめようがないんですが。 整体の野口晴哉さんの話を読むと分かるんですけど、超能力というのはつまるところ、ものすごい集中力なんです…

(ひとりごと)ワンネスの流行

「私」などという確固たるもの、不変のものなどないのに、一体なにが宇宙と一つになったのか。同一化していた対象が別のものにすり替わったという可能性はないのか。もっとちゃんと検証する必要があるのでは? 世間的に広く受け入れられている事柄は、そのほ…

カルマスパイラル

人がどの程度成功するかというのは、ほとんど初めから決まっています。それをカルマと言うんですけども。 まあ、何でもかんでもカルマの所為にするのは良くありませんが、もし、今自分があまり恵まれていないと思うのなら、何処かで気合を入れて、良いカルマ…

悟りはビジネスにならない

三結が切れたのだとわかった時、私はそれを母に説明しようとしました。そして一言二言話し始めてすぐ、ああこれは無理だな、と思ったのです。 一つ目は、言葉で説明する事は至難の業だという事です。もともと話し上手ではありませんでしたが、本だけは読んで…

(ひとりごと)悟り人のブログ

預流果とかそれ以上に悟ったらしい人達って、たまにブログとかでも見るんですけど、なんか違うな〜と思う事があります。まあ、私の勝手な感覚ですが。 折角預流果になったのに、また酒を飲み始めたりとか。預流果になると五戒は守るものではなくなり、自然と…

(ひとりごと)北朝鮮と欺瞞

北朝鮮について、確かに迷惑な話ではありますが、でも国際社会の欺瞞というのも存分に見て取れるのです。 まず、米国や他の国々が核を持っているのに、なぜ北朝鮮はダメなのかというと、自分たちの優位性がなくなるからですよね。 国際社会の脅威とか言って…

みんなが悟ったら

みんなが悟ってしまったらどうなるのか?人類は絶滅するの? 仏教に足を踏み入れた人が、一度は考えるんじゃないかなと思うんです(偏見?) 答えは「そんな事にはならないから無駄な事考えずに修行しろ」なんですけどね。 まだ子供の頃は、この答えに納得出来…

(ひとりごと)北朝鮮と投資

ミサイルが撃たれても平気の日本人ですが、あまりにも慣れてしまっていて、本当に国土に撃ち込まれたときが心配です。あれだけ譲歩された国連決議に対しても、口だけじゃなくて実際に撃ってきていますからね。 まあそんなことは置いといて _(:3」∠)_ ミサイ…

[当たり]住宅展示場のハガキ

ハガキが入ってたんで何かと思えば、住宅展示場の案内でした なんでも、このハガキもって行くとQUOカードがもらえるらしいんで、ちょっくら行ってきま~す^^ あとおまけのスクラッチ削ったら「当たり」が出ちゃいました なんかゼリーみたいな詰め合わせが…

「乗り越える」ということについて

何かを克服するとか、過去の出来事を乗り越えるとか、世間では素晴らしいことのように言われていますね。 でも乗り越える為にはその「何か」が必ず必要なんです。克服した、乗り越えたと言っている限り、いつまでもその「何か」を基準にしてしまっている、後…

悟りと男女

男性脳とか女性脳とか、言っている人がいますが、まあそんなくだらない事は仏教徒なら無視しておくに限ります。 厳密に言えばホルモン等の影響による差はあると思いますが、それよりは環境から受ける影響のほうが大きいです。女性は女性として育てられるし、…

(ひとりごと)差別という娯楽

差別をなくそうとして行動している人は沢山いますけど、基本的に差別はなくならないものと思っていたほうがいいと思います。 一つの差別がなくなっても、必ず別の形の差別が生まれます。もう人間がいる限りこのいたちごっこは終わりません。 被差別側にいる…

(ひとりごと)革命日和

よく「権利は自分で勝ち取れ」みたいな事を結構簡単にいいますけど、それは暴力革命を推奨しているのかな?と感じます。 法律に則ってとか、平和的解決なんてのは、被差別側が何かを訴えたりしても、結局差別側が認めないことには何も実現しないのです。なぜ…

(ひとりごと)嘘をついてはいけません

差別の心というのは本当に根深い問題ですね。 たまに自分は差別しませんよ、という人がいますが、もしあなたが悟っていないなら、必ず差別する心があります。なぜなら認識する能力がまだ存在しているからなんですね。 まあ、自分には無いと言い張るよりは、…

(ひとりごと)五戒は守ろう

政治家の失脚を見ていると、五戒さえ守っていれば良かったのに、って思いますね まあそんな人は政治家にはなれないだろうけど

(ひとりごと)北朝鮮と大儀名分

北は9/9までに、弾頭の再突入技術を確認してから、核保有国であることを大々的にアピールするつもり、という話も聞きます ここまで来ると、アメリカとしては「やらない」という選択肢はとれないでしょうし、軍事衝突はもう規定路線なのかもしれませんね むし…

(ひとりごと)一発逆転?

日本人って凄くのん気ですけど、世界はわりと一触即発状態なんじゃないですかね?北朝鮮もそうだけどロシアもアレな感じだし あと株式市場もそろそろ暴落したりして・・・ だいたい素人が、そろそろ株やろっかな~、とか、最近株始めたんだ~、とか言い出したら…

(ひとりごと)批判ってたのしー!

批判する事って、すごく刺激的で病みつきになってしまうんですよね 批判するだけで相対的に自分が優位に立ててしまうので、とてもお手軽だし 自分もよくよく気をつけないといけないなと思います と言いながら批判しておきますね 今まで散々スピに搾取された…

(ひとりごと)日本の悪口 その2

ついで(?)だからもう一つ日本の悪口言っておきますね 今日は暇なんですわ(^ ^) 日本人って近視眼的というか、大局的に物事を見られないな、と思います部分最適化に成功したとしても、それが全体を台無しにする、という事が往々にしてある やっぱり教育が悪…

(ひとりごと)日本の悪口

特亜の悪口ばかりではアレなので、日本の事も書いておこうかな 私は日本が好きではない と言うと、すぐ日本から出て行けとか、お前は朝鮮人かとか言われるが、一つ断っておくと、私は中国も北朝鮮も韓国もアメリカもイギリスもフランスもドイツもロシアもイ…

(ひとりごと)教育の害悪

正直なところ、特亜のことは好きではないんですけど、可哀想に思う事もあります 真実はどうあれ、憎悪や怒りを教育によって植えつけられている事です 教育に関して子供にはなす術がないですからね そんな教育を受けていれば、幸せとは程遠い人生になってしま…

(ひとりごと)北朝鮮と将軍様

そういや先週ミサイルが飛んできましたが、正直アレは北朝鮮による外貨獲得のためのインサイダーだと思っています だから日本に落とす気はさらさらない、はず……今までは……… 世代交代で何が問題になるかというと、プロパガンダを真実だと思い込んでしまう事だ…

(ひとりごと)スピとの親和性

何かスピ界隈の人ってサヨクの人が多い気がします 左翼ではなくてサヨク、地球市民みたいなお花畑な感じの 「ワンネス」というのが、みんないっしょ♪みんななかよし☆、という発想を生むのでしょうか まあ完全に悟った人ならそれもいいでしょうけど、そうじゃ…

ニーアオートマタのオフィシャルスコアが出たよー!

と思ったら発売延期してたよーー 。゚(゚´Д`゚)゚。 前作の楽譜の特に最後あたりに載っているピアノ編曲verは、簡単すぎず難しすぎず絶妙なバランスで、それでいてとても綺麗に聞こえるし、すごく出来が良いな~と思っていたので、今回も買うつもりです。 こうい…

(ひとりごと)美しさは罪

昔パタリロの作者が、 「人を感動させるのはツボさえ押さえれば簡単だ」 みたいなことを言っていたのを思い出しました。 成る程な〜と思いつつも踊らされるのは癪に触るので、感動を売りにしているものは極力避けています。 まあ私は、ベイマックス見てボロ…

偽善と善

さあ、今年も偽善だ何だと罵り合う季節がやってきましたね^_^ 毎年毎年、やらない善よりやる偽善だ!とこれまた偽善的な事を喚き散らしておりますが、そもそも善とは何か、偽善とは何か、ちゃんと言葉の定義をしてから始めてもらいたいものです。 さて、仏教…

瞑想が抑圧になってはいけない

ヴィパッサナー瞑想する際、私がよくやってしまっていた間違いを書いておこうと思います。 例えば、怒りが生じたとき、ただただその様を観察するのがヴィパッサナー瞑想なんですが、それが「怒ってはいけない」という観念があるために感情を抑圧してしまうん…

おすすめする仏教書

私がこれさえあれば十分だと思う本は、ずばり「ブッタとシッタカブッタ」です。 ブタとブッダを掛けたナイスなキャラクターが、あれこれ悩んだり気付いたりしていく4コマ漫画です。個人的には最高の仏教書といっても良いんではないかとさえ思っています。 …

ずぼらな足湯

野口整体で一番簡単に出来るのが足湯(または脚湯)だけど、それでも面倒くさくて、なかなか出来ない私がやっている足湯をご紹介します。 まあ何も特別な方法ではなくて、お風呂で体や頭を洗っている間、ずっと洗面器に足を突っ込んでおくだけです。 本当は風…